ブログ・・・今度はこっそり再開するほかあるまい

「ねぇ、そういえばさー」

 

きた!

 

「ブログってどうなったの?」

 

きたきた。ついにきた!

 

「再開するんじゃなかったの?」

 

ついに妻から指摘されてしまいました。やはり忘れてはいなかったようです。前回、誰にも読まれなくてもめげずに書くとか言っておきながら、あっさりとリタイアしたブログ。何度も再開しようと思っては、時間がないだの、パスワードがわからないだの言って放置し続けていたブログ。その存在を妻は決して忘れてはいなかったようです。

 

「いやー最近、会社の決算とかで忙しかったからさ~」

 

僕は苦し紛れに言い訳をしました。

 

「決算ってだいぶ前でしょ?それにそんなにやることあったの?」

 

「そ、そうだよ。だって、俺、税理士に頼まず自分でやったんだぜ!」

 

「ふーん。・・それ、すごいの?」

 

「すごいの?だ、だって・・会社の決算だぜ?そんなのフツーできる?」

 

「私はできないけど、証券アナリストの資格もっているんでしょ?それぐらいできるんじゃないの?」

 

無茶苦茶言うな・・。税理士じゃないんだぞ。でも、実際のところ、決算は意外と自力でなんとかなるもんです。財務諸表は会計ソフトが自動で作ってくれたし、世間では簿記2級レベルの知識は要求されると言われる別表も、ネット上にあった無料ソフトや親切な税務署職員さんの力を借りて無事作成できました。もちろん簿記の知識などほとんどありませんでした。

 

「ま、まあ、結局なんとかなったよ。お陰で税理士に頼むお金も浮いたし・・」

 

「ふーん。で?どうだったの?決算。儲かった?」

 

げっ!やばい!

 

「どれぐらい利益出たの?」

 

「い、いや、なかなかさ。初年度から黒字って訳にも・・・」

 

「えー!じゃあ赤字なの?どれぐらい?」

 

「まぁ・・ひゃ、百万ちょっとぐらい」

 

「・・・・・」

 

「で、でも、まだ資本金十分あるしさ。赤字続きでもまだ7~8年は大丈夫だよ!」

 

「7~8年もこの生活続けるつもり?」

 

「・・・いや、それはちょっと」

 

「ちゃんとやって!」

 

「・・・はい」

 

「赤字って。そりゃブログなんてやってる場合じゃないわね」

 

「・・・・そうだね」

 

ブログ・・・今後はこっそり再開するほかあるまい