「なんかセコいよね。男のくせに」

「なんかさー、最近セコくない?」

 

「へ?」

 

心外な一言に思わず妻を見ました。

 

「だから、それ。そのアイスとかさー」

 

この「パルム」の何がいけないのでしょうか。

 

「それ、ソフトバンクのやつでしょ?毎週、欠かさず貰ってくるじゃん」

 

妻が言っているのはソフトバンクのCMでお馴染みの「スーパーフライデー」のことで、毎週金曜日にスマホに送られてくるクーポンをお店で提示すると、色々な商品がもらえます。先月はセブンイレブンでアイスが貰えました。

 

「だって貰わなきゃもったいないじゃん。これだって結局、俺らが払っているスマホ代から出てるんだぜ。アイスなんかいらないから料金下げてくれりゃあいいのに」

 

「ほかの商品を何も買わずに、それだけ貰ってきたの?」

 

「そうだよ。ついで買いしたら奴らの思う壺じゃん」

 

吉野家の牛丼の時も、牛丼(並)だけ毎週欠かさず食べてたよね?」

 

「そうだよ。ついで買いしたら思う壺だからね。俺だっで毎週牛丼が食べたかったわけじゃないよ。でも、結局、スマホ代が原資なんだからクーポン使わなきゃ損じゃん」

 

「そうだけどさー、なんかセコいよね。男のくせに」

 

な・ん・で・す・と?僕は自慢じゃありませんが、サラリーマン時代に気前がいいと言われることはあっても、セコいと言われたことはただの一度もありません。

 

「今度始めたブログ、セコセコしないでもお金が貯まってしまう話なんでしょ?」

 

「そうだよ」

 

「でも、最近、ウチ全然お金が貯まらないよね?」

 

「う、うん。まぁ。で、でもサラリーマン時代にたくさんお金が貯まったのは事実なんだし・・・」

 

残念ながら妻の言う通り、僕が起業してからはお金が貯まらないどころか、どんどん減っていっている始末です。そのせいもあって、確かに最近の僕は支出にシビアに、妻の言うところの、まぁ、いわゆる「セコく」なってしまっているようです。

 

「でも今は、セコセコしているのにお金が貯まってないよね?」

 

妻がさらに追い打ちをかけます。

 

「う、うん」

 

「それじゃあセコセコしているのにお金がたまらない人が書く、セコセコしなくてもお金が貯まる話ってこと?変じゃない?それ」

 

「・・・」

 

「やっぱ男はセコくちゃダメなんじゃない?セコセコした起業家がうまくいくなんて話、聞いたことないじゃん。毎週アイスもらってくる時間があるなら、その分仕事にエネルギーをそそいだほうがいいんじゃない?」

 

 

・・ぐうの音も出ねぇ。