「結局、太りすぎが全ての原因なんだよ・・」

こんにちは。フジサトです。

 

昨日は初のはてなスター獲得に気をよくしていたら、今日はアクセスがなんとゼロ件。まあ、当然といえば当然なのですが・・。宇宙に向かってモールス信号を送っている気分です。

 

さて、気を取り直して今日のテーマは「体型」です。これも結構、お金のたまりやすさと関係があるんじゃないかとみています。皆さんの周りにも、昔はすらりしたイケメンだったのに今ではすっかり「残念な感じ」になってしまった人はいませんか?

 

もちろん、太ることで貫録が出たり、愛嬌が生まれたりすることもあるので、体型が変わること自体は悪いことではないと思います。

 

ただし、自身の健康や仕事に対して深刻な影響を及ぼすようになったら問題です。

 

 

【都内のオフィスビルの一角】

 

「おはようございまーす!あーあぶねー!遅刻するところだったよー!」

 

僕の隣の席だった内海さんは、いつものように巨体を揺らしてオフィスに入ってきました。厳密にはほぼ毎日、2~3分遅刻しているのですが、大きな声で宣言することで帳消しに出来ると思っているようでした。

 

「フジサト君、おはよー!」

 

「おはようございます。昨日もあまり眠れなかったんですか?」

 

「そーなんだよー。夜中まで仕事しちゃってー」

 

彼は慌ただしく席に着いたあと、パソコンに電源を入れ、パスワードを入力、そしてパソコンが起動するまでの僅かな時間に、眠ります。

 

初めて見たときはギョッとしましたが、しばらくするとすっかりお馴染みの光景になりました。内海さんはとにかく異様に眠るのです。自分の席で、朝の打ち合わせで、役員との会議で、たった3人のミーティングでさえ眠ります。

 

なかでも、一番困るのが、パソコンの操作中に眠ることです。当然それまで作っていたフォーマットや文章、グラフはぐちゃぐちゃになり、突如目覚めては「一体なんなんだよー!」と叫ぶのです。それはこっちのセリフです。

 

僕は基本、無視をしていましたが、それでも彼のパソコン画面が、ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああと、大量の「あ」に埋め尽くされているときなどは、さすがにかわいそうなので、起こしてあげました。

 

毎日そんな調子なので当然まわりの評価は低く、一流大学を卒業しているのにもかかわらず、出世もかなり遅れていました。

 

実は、内海さんの異様な眠り方は、睡眠の質の低下が招いたもので、その原因は彼の体型にあるようでした。眠っているときの彼は、あご周りの肉が気道を圧迫しているのか明らかに苦しそうですし、数十秒間呼吸が止まり、こちらが心配し始めると「ふごぉ!」という奇声とともに目覚めることもしばしばありました。

 

実際、医者にももう少し痩せるよう言われているようで、よく「結局、太りすぎが全ての原因なんだよ・・」と言いながら、処方された複数の錠剤を毎日飲んでいました。

 

 僕は一番間近で見ていただけに、彼が悪いひとではないことも、頭が冴えているときは非常に適格なアドバイスをくれることも知っていました。本当は優秀な人なのに、太りすぎているために、ずいぶん損しているなぁと感じたものです。

 

その後、僕の部署が変わったため交流はなくなりましたが、彼のご家族のためにも、彼が始めたダイエットが成功し、症状が改善していることを願うばかりです。

 

後記

今回は、書いていて少ししんみりしてしまいました。内海さん、いい人だったなぁ(もちろん存命です)。太っている人にはどこか憎めない愛されキャラの人が多い気がします。可愛げのない僕は見習わないとですね。