「日本はタバコ吸わなくなったからおかしくなったんだ。だろ?」

こんにちは。お金を貯めるのは得意でも、稼ぐのは下手なフジサトです。

 

今日、ブログを開くと初めてのはてなスターが!想像していた以上にうれしいものですね。僕のブログを見つけていただき本当にありがとうございます。これからも、コツコツがんばります。

 

さて、今日はタバコのお話です。タバコと貯蓄は関係があるように思います。僕は子供の誕生を機にタバコをやめましたが、皆さんはどうですか?僕が勤めていた会社でもタバコを巡っていろいろなことがありました。

 

 

【都内のオフィスビルの一角】

 

「鳩山さんの臭いがキツすぎてもう耐えられません!」

 

隣りの部署の中堅女性社員、長野さんは、上司に必死に訴えていました。

 

はっきり「くさい」と指摘された鳩山さんは、当時、席替えで長野さんの隣りに座るようになった中年の男性社員で、とてもタバコ好きなひとでした。

 

ガラス張りの喫煙室のなかで、仕事をしている人たちの冷たい視線などガン無視で煙を吸い込み、1本吸い終わった直後に新たなタバコに火をつけること2度、つまり3本連続で吸うという荒技を平然とやってのけるのです。

 

僕は彼とはあまり話をしませんでしたが、タバコを吸っていたころ喫煙室で「日本はタバコ吸わなくなったからおかしくなったんだ。だろ?」と唐突に言われたことがあります。意味不明でしたが、彼のタバコ愛は本物でした。

 

しかし、それゆえに体臭も強烈でした。僕は「スメハラ」を訴えていた女性社員の長野さんに結構かわいがってもらっていたのと、若い女の子の話にしか耳を貸さない彼女の上司が何の対策もとらないのを見てかわいそうに思ったので、一計を案じました。

 

倉庫にあった大きめの扇風機を持ってきて、長野さんと鳩山さんの席の方に向けて送風してみたのです。長野さんはすぐに僕の意図に気付きました。

 

「フジサト君、ありがとー!」

 

僕は年上の女性社員に取り入るのがとてもうまいのです。「これで少しは臭いが気にならなくなるといいですね」などと言いつつ、人助けをしたぞという自己満足にしばらく浸っていました。

 

 しかし、数日後、僕が絶妙に設置したはずの扇風機を今度は鳩山さんがガチャガチャと必死に調整しているではありませんか。「ばれたか?!でもなぜ?」

 

どうやら僕の案を気に入った長野さんが、扇風機の首振りを止めて風速マックスで鳩山さんに向けてダイレクトに風を送るといったアレンジを始めていたようです。そのため、突然の季節外れの強風に戸惑った鳩山さんが扇風機の方向を変え、直後にすかさず長野さんが調整し直すといった「スメハラ」「風ハラ」バトルが勃発しているではありませんか!

 

「暑い?ねぇ暑い?まだ4月だよ?」

 

風が自分に向かってくる理由が自らの臭いにあるとは夢にも思わない鳩山さんは必死に長野さんに訴えますが「暑いんで、すみません」とそっけなく返されるばかりか新たに設置された卓上扇風機からも風を送られる始末。これではどちらの「ハラスメント」がひどいのかわかりません。結局、このバトルは、鳩山さんが隅のほうの席に追いやられて決着となりました。

 

後記

最近、タバコを吸い続けることは、金銭的にも、精神的にも大変な苦労をともなう時代になってきました。僕は奇跡的にタバコをやめられたので本当にラッキーでした。ちなみに僕のお気に入りだったマイルドセブンを今でも吸っていたら一体毎日いくらかかるのかというと、え?メビウス?・・・ゲッ!440円⁉こんなん毎日吸えるの、セレブじゃないですか・・。

 

 

 

「フジサト君、君は今まで食べたパンの枚数を覚えているのかい?」

こんにちは。お金を貯めることが得意なフジサトです。

 

今日もお越しいただきありがとうございます。今回は、僕がサラリーマンだった頃の、仲のいい先輩とのエピソードです。とてもゲーム好きな人で、当時大ヒットしていたスマホゲームに夢中でした。

 

 

【都内某所:昼ごろ】

 

「面白いんですか?それ」

 

向い合って座っているにもかかわらず全くしゃべる気配を見せない先輩に、僕はしびれを切らして問いかけました。 

 

「うん?・・・うーん。そうだね・・面白いよ」

 

「・・・。やっぱり、課金とかしちゃうんですか?」

 

「・・・え?何?あ、あぁ課金ね」

 

先輩はようやく必死に動かしていた指を止め、スマホの画面から目を離してゲーム音痴の僕を諭すように語りだしました。

 

「そりゃあ課金アイテムを使わなくてもゲームはできるよ。でも、先に進むのがすごく大変なんだ。ところが、たかだか数百円払えばあっさりと先に進めるようになる。本来かかったはずのゲームに費やす時間を、大幅に短縮できるんだから決して無駄じゃないと思うよ」

 

 再びスマホ画面に向かい始めた先輩の顔は真剣そのもので、決して冗談を言っているようには見えません。

 

「・・じゃあ課金アイテム、買かったことあるんですね。ちなみに何回ぐらいですか?」

 

「え?何回?うーんそうだなぁ。フッ。フジサト君、君は今まで食べたパンの枚数を覚えているのかい?」

 

「・・ディオですか?・・かなりお金使ったんですね」

 

「おっ!フジサト君、ゲームはダメでも『ジョジョ』はいける口だね!」

 

昔、『ジョジョの奇妙な冒険』の単行本を数冊持っていたためたまたまディオ(主人公の仇敵)のセリフが分かったにすぎない僕を、すっかりディープなジョジョファンだと思い込んだ先輩は、急に上機嫌になって続けました。

 

「たしかに少し使いすぎているかもしれない。でも、ゲームの開発にはすごくお金がかかるんだ。僕みたいにたくさんお金を払うやつがいなかったら、ゲーム会社は困るし、それでいいゲームができなかったら僕も困る。僕にとっての課金システムはこの素晴らしいゲームを作ってくれたことに対するいわば『ありがとう課金』ってやつさ」

 

僕は、話し終わるやいなや再びゲームに没頭する先輩を見ながら、「そういえば僕にはこんなに夢中になれるものはあまりないな。本当に好きなことにお金を使うことは、お金を貯めることなんかよりもずっと大切なことなのかもしれない」などと考え、スマホゲームにのめり込む人に対する無理解を少し反省しました。本当は、二人でランチに来ている時ぐらいはゲームを止めてほしかったのですが・・。

 

・・・数週間後

 

「え?あーあれね。もうやめたよ。だってどんどん難しくなるんだ。たくさんアイテム買わなきゃいけないようにできているんだよ。まったくズルイ奴らだぜ。あっそうだフジサト君、今度一緒にモンハンやんない?一人じゃどうしても倒せないやつがいるんだ」

 

 

 

「フジサト君ってさぁ、まだ奥さんのこと好きなの?」

こんにちは。フジサトです。

 

節約もしていないのに、何故だかお金が貯まってしまうフジサトです。

 

くどいようですが、このブログでは、ごく普通のサラリーマンだった僕が、お給料だけで何故まとまったお金を貯めることができたのかを中心に書いていきます。

 

今回も立ち寄ってくださって本当にありがとうございます。今日は先日、大学時代の友人と久しぶりに会ったときのエピソードをお話しします。

 

【新宿のとある居酒屋】

 

小百合  「子供がいるとさー。なかなか飲みに行けないよねー」

 

美久   「そうそう。私、今日も親に預けてきちゃった。預けすぎかなぁ?」

 

悟    「いいんじゃない?息抜きもしないと」

 

フジサト 「みんな子供がいないときとかに夫婦で飲みに行ったりしないの?」

 

皆一斉に 「えー!?しないよー!」

 

小百合  「なんでせっかくの自由な時間に旦那と飲みに行かなきゃいけないの?」

 

悟    「俺も。子供たちがいなかったら嫁さんと話すことないじゃん」

 

フジサト 「・・・おれ、たまに飲みに行くけどなぁ」

 

美久   「えー!フジサト君ってさぁ、まだ奥さんのこと好きなの?」

 

とまぁ、だいたいこんな感じの会話でした。僕たちはみな子供がいて、結婚生活は10年を超えています。 新婚当初はノロケ話をしていた彼女たちも、今では一切、夫を褒めないどころか「いなくなればいい」とか物騒なことをいいながら、熟年離婚の計画を今から立てたりしています。

 

僕は背中に冷たいものを感じながらも「夫婦仲とお金の貯まりやすさには関係があるんじゃないか」などと考えていました。目の前でガンガン飲み食いしている彼女たちや、晩ご飯は毎日外食で女の子を誘うこともしばしばという悟は、明らかに僕よりお金のかかる生活をしていそうです。

 

言うまでもないことですが、仲の悪い夫婦がお金をためることは至難の業です。夫が家にいたくないためにゴルフや飲みに行き、妻が高価な買いものや食事で憂さを晴らしていたら、どんな高級取りでも貯蓄はままなりません。ましてや僕のように収入が大きく減ってしまったら絶望的です。僕がとるべき道はたった一つです。

 

妻に機嫌良くいてもらう、これ以外にありません。もちろん、お金のために妻と仲良くしようとしているわけではありません。ですが、離婚直前に毎日50万円ずつATMからお金を奥さんに引き出されてしまった同期や、親権を巡って泥沼の裁判をしていた先輩の話を聞くと、子供が寝たあと、撮りだめしていたドラマをすごい勢いで観ている妻には決して話しかけないようにすることなど呼吸レベルでやるべきだと思うのです。

 

 僕は結婚カウンセラーではないので、どうすれば夫婦仲が良くなるかはわかりません。ですが、自分の資産を守るためにも、より楽しく生活を送るためにも、パートナーに機嫌よくいてもらう努力をすることは、間違いなく意味のあることだと思います。どんな小さなことでもいいので、ぜひ試してみてください。お金は貯まらないかもしれませんが、何かが変わるかもしれません。

 

最後に、上記の会話の続きはこんな感じでした。

 

フジサト 「すきって、そりゃ・・・まぁ」

 

美久   「えー!そんな男いるんだ!?わたしなんかぜんっぜん!」

 

小百合  「っていうかフジサト君って、人としてつまんないよね~」

 

美久   「そうそう。遊びのできない男って魅力なーい」

 

悟    無言でニヤニヤ。

 

このあとも、いわれのない罵詈雑言、人格否定が続きました。

 

お金をためるって大変です。

はじめまして

はじめまして。フジサトと申します。まぁ一生懸命考えたペンネームなんですが…。

 

埼玉に住んでいます。

 

かわいくて料理の上手な妻と、これまたかわいくて僕をいつも笑わせてくれる息子と一緒に仲良く暮らしています。

 

あと、自宅の近くで小さな会社を経営しています。

 

最近までごく普通のサラリーマンだった僕ですが、10年ちょっと勤めたら、お給料だけで自分でも不思議なくらいお金がたまっていました。と言っても億とかいってないですよ。日系企業ですから。10年くらいは家族が普通に生活していける程度の額です。

 

「その程度の額ならコツコツ節約すりゃあ貯まるよ!」って思いました?でも、節約した覚えはないんです。スーツはイタリア製の高級生地で作っていましたし、海外旅行も毎年のように行っていました。会社で後輩や女の子たちとランチをするときはもちろん僕のおごりです。晩酌のビールだっていつもサントリープレミアムモルツでした!

 

・・・なんか感じ悪くなってきましたね。でも安心してください。僕の類い稀な経営センスのせいで、せっかくの貯金がただいまガンガン減っていっています。世の中甘くはないですね。本当に10年もつのかな…。

 

と、ともかく、経営者としてはヘッポコな僕ですが、サラリーマンとしてはどうやらお金をためる才能があったようです。実際、同世代の友人や先輩と話をしても、僕ほどお金をためた人はそういませんでした(貯金額を他人に正直に言うとは思えませんので、なんとなくです)。

 

僕はこれまでどちらかと言うとお金に無頓着なほうでした。ですが、今になって、不相応に分厚い自己資本に守られて生活するようになって、初めて「貯金があってよかったなぁ」と感じています。

 

このブログでは、ごく普通のサラリーマンだった僕が、ろくに節約もせずに給料だけでどうやってお金をためたのか、普段のどんな考えかたがお金がたまる結果につながったのかを中心に書いていきたいと思っています。

 

お金がなかなか貯まらないために、新しい挑戦を躊躇してしまっている方や今いる環境を変えたいのになんとなくズルズルときてしまっている方に、僕の話がほんの少しでも役に立つことがあればなによりです。

 

 さて、ここまで読んでくださったあなた、根っからのネット音痴の僕が生まれて初めて書いたブログに辛抱強く目を通してくださったあなた、本当にありがとうございます。これからもコツコツ更新していくつもりですので、次回以降もチラリとのぞいていただけたらうれしいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

・・・いいのか・・こんな感じで。 ブログチャレンジやってみようかな…。